ワイモバイル

【まとめ】ワイモバイルを10個の観点で評価しました!

Mr.S
Mr.S
きみ、いろんな観点があって、よくわからんわ。 大手キャリアに勤めているけど、大手キャリアから格安SIMに乗り換えたきみに、ワイモバイルの特徴を教えてほしいなぁ
Mr.T
Mr.T
きみから教えてほしいと言われるのは恐縮だきみ。 手前味噌ながら、評価の基準を整理した上で、ワイモバイルの特徴をまとめてみたよ。

評価

なにかを評価するためには、評価の軸(評価基準)が必要です。 格安SIMナビでは、以下の評価基準を元に、格安SIM事業者を比較します。

評価基準

格安SIM事業者を比べたときに差異があると思われる、以下の観点で評価しました。 満点が100点になるように均(なら)しています。

観点評価
【観点1】MNP移行手数料

MNPで契約した音声通話SIMが対象;

1ヶ月以内の解約にかかる諸費用が4,000円以下: +5点

6ヶ月以内の解約にかかる諸費用が4,000円以下: +3点

12ヶ月以内の解約にかかる諸費用が4,000円以下: +2点

【観点2】利用期間の縛り

音声通話SIMが対象;

なし: 10点

~12ヶ月縛り: 5点

ただし、1ヶ月以内に解約した際の違約金が9,000円を超える場合は、-2点

12ヶ月を超える縛り: 0点

【観点3】エンタメフリープラン

あり: 10点

なし: 8点

【観点4】カケホ(家族同士)

あり: 10点

なし: 8点

【観点5】カケホ(家族同士以外)

あり: 10点

なし: 9点

【観点6】通信速度(通勤ラッシュ時) Web読み込み速度

3秒未満: 10点

3~5秒: 8点

5秒を超える場合: 0点

【観点7】通信速度(お昼休み)Web読み込み速度

3秒未満: 10点

3~5秒: 9点

5秒を超える場合: 8点

【観点8】通信速度(帰宅ラッシュ時) Web読み込み速度

3秒未満: 10点

3~5秒: 8点

5秒を超える場合: 0点

【観点9】月額料金

音声通話SIM(データ通信量3GB)の月額料金を元に点数を算出する。

算出方法
1,000円(通常料金)を10点とし、100円増えるごとに1点を減点する

音声通話SIM(データ通信量3GB)の月額料金を元に点数を算出する。

算出方法
1,000円(通常料金)を10点とし、100円増えるごとに1点を減点する

~1,000円 -> 10
1,001円~1,100円 -> 9
1,101円~1,200円 -> 8
1,201円~1,300円 -> 7
1,301円~1,400円 -> 6
1,401円~1,500円 -> 5
1,501円~1,600円 -> 4
1,601円~1,700円 -> 3
1,701円~1,800円 -> 2
1,801円~1,900円 -> 1
1,901円~  -> 0

ただし、追加料金を払う必要がなく、容易に割引が効く場合は、それを利用した価格とする。
例えば、楽天モバイルの「楽天会員」になるだけで月額料金を割引くものが該当する。


プランにカケホやエンタメフリーが付随している場合は、以下の通り扱う:
10分カケホ: 月額料金を880円割引いて計算する
エンタメフリー: 月額料金を480円割り引いて計算する
通信制限時の速度が1Mbps以上である場合: 月額料金を480円割り引いて計算する

※3GBプランが用意されていない場合は、料金を補間して算出する。
例えば、2GBのプランが1,000円で、4GBのプランが1,200円の場合、1,100円とする。



ただし、追加料金を払う必要がなく、容易に割引が効く場合は、それを利用した価格とする。
例えば、楽天モバイルの「楽天会員」になるだけで月額料金を割引くものが該当する。


プランにカケホやエンタメフリーが付随している場合は、以下の通り扱う:
10分カケホ: 月額料金を880円割引いて計算する
エンタメフリー: 月額料金を480円割り引いて計算する
通信制限時の速度が1Mbps以上である場合: 月額料金を480円割り引いて計算する

※3GBプランが用意されていない場合は、料金を補間して算出する。
例えば、2GBのプランが1,000円で、4GBのプランが1,200円の場合、1,100円とする。

【観点10】決済方法

クレカ払い対応: +5点

デビットカード払対応: +1点

プリペイドカード払い対応: +1点

口座振替対応: 3点


ワイモバイルから他社へMNP転出にあたって必要な諸費用は、以下のとおりです。

【観点1】MNP移行手数料 (評価:10点)

  • 契約解除料 9,500円
  • MNP転出手数料 3,000円

契約解除料は、2年縛りといった縛りのあるプランやキャンペーンを利用しており、契約更新月以外に契約を解除(MNP転出も含む)する場合に必要です。

2019年10月1日からは、利用期間に縛りのあるプランが廃止され、MNP転出時の諸費用は契約からの日数を問わず、3,000円となるため、観点1の評価は10点となります。

利用期間の縛りについては、【観点2】利用期間の縛り をご覧ください。

 

(参考: MNP転出・解約をご検討中のお客さまへ|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで)

【観点2】利用期間の縛り (評価:10点)

2019年10月1日から、利用期間に縛りのあるプランが廃止され、契約期間に縛りがないプランのみになります。

2019年9月30日(9月末日)以前からご利用の方は、

現在ご契約中のお客さまがベーシックプランへプラン変更される場合、以下のいずれかを満たす場合は、契約解除料9,500円が免除されます。

  • ワイモバイルを継続して2年以上契約している
  • 機種購入を伴う機種変更と同時に、変更後、契約期間に縛りのないプランに変更すること

これを使うことで、一旦契約期間に縛りのないプランに変更した上でMNP転出することで、契約手数料がかからなくなり、経済的です。

2019年10月1日からは利用期間に縛りがないため、観点2は10点となります。

参考: 10月1日から2年縛りなし解除料なし|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで

【観点3】エンタメフリープラン (評価:8点)

ワイモバイルには、YouTubeの動画やSNSなどのエンタメ系の通信量がカウントされない、エンタメフリープランは提供されていません。 

したがって、エンタメ系を頻繁に利用される方は、エンタメフリープランに対応したSIMカードを契約されることをお勧めします。

評価のほうは、エンタメフリープランがないことから、観点3は8点となります。

【観点4】カケホ(家族同士)(評価: 8点)

ワイモバイルには、家族間通話のカケホはありませんが、プランにカケホ10分がついてきます!

家族間通話のカケホはないため、観点4は8点となります。

【観点5】カケホ(家族同士以外)(評価:10点)

ワイモバイルでは、スマホプランというプランに、1回10分以内の国内通話は何度かけても無料という、国内無料通話がついてきます。

さらに、以下のオプションも用意されています。

  • スーパーだれとでも定額
    • スマホプランを契約される方は、月額1,000円で、他社も含めたすべてのスマートフォンやケータイ、または固定電話への国内通話が、無料でご利用いただけます

ワイモバイルは、カケホが非常に充実しています。

カケホ(家族同士以外)があるため、観点5は10点となります。

(参考: スマホプラン|料金|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで)

【観点6】通信速度(通勤ラッシュ時) Web読み込み速度 (評価:10点)

上図は、格安SIM事業者上位8社にY!Mobileを加えた合計9社の、Web読み込み速度順で並べたグラフです (参照: 通信速度で選ぶ! 格安SIMランキング)

結果は以下のとおりです。

回線Web読み込み時間 [秒]
Y!Mobile2.7

  Webの読み込み時間は、5秒以内であれば問題ないと思います。 Webの読み込み時間はなんと3秒以内と爆速です。恐るべし。

評価のほうは、3秒以下ですので、観点6は10点となります。

【観点7】通信速度(お昼休み)Web読み込み速度 (評価:10点)

続いて、お昼休みのWeb読み込み時間を見てみましょう。

結果は以下のとおりです。

回線Web読み込み時間 [秒]
Y!Mobile2.4

多くの格安SIMでは、お昼休みはネットが使い物になりません。

しかし、Y!Mobileは、2.4秒と爆速です。

お昼休みはスマホから離れて、Amazon Kindle Oasisなどの読書端末で自己啓発に励むことをおすすめしているのですが、Y!Mobileは爆速すぎて、言うことなしです。

3秒以下ですので、観点7は10点となります。

【観点8】通信速度(帰宅ラッシュ時) Web読み込み速度 (評価:10点)

帰宅ラッシュ時のWeb読み込み時間も見てみましょう。

回線Web読み込み時間 [秒]
Y!Mobile2.9

2.9秒と、サックサクです。

朝、昼、晩、どこでも快適に使いたいならY!Mobile をおすすめします!

評価のほうは、3秒以下ですので、観点8は10点となります。

【観点9】月額料金 (評価: 0点)

2019年10月1日から、料金プランがシンプルになりました。

本記事では、2019年10月1日から新設される料金について記述します。

初期費用

初期費用は契約事務手数料の3,000円となっています。

参考: 事務手数料一覧|新規契約・機種変更・解約・MNP・番号移行|サポート|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイルの月額料金

ワイモバイルの料金は、以下の通りです。

料金プラン

スマホベーシックプラン

SML
月額料金

2,680円

おうち割光セット(A)適用で、2,180円

おうち割光セット(A)と「新規割」適用で、1,480円(6ヶ月)

3,680円

おうち割光セット(A)適用で、3,180円

おうち割光セット(A)と「新規割」適用で、2,480円(6ヶ月)

4,680円

おうち割光セット(A)適用で、4,180円

おうち割光セット(A)と「新規割」適用で、3,480円(6ヶ月)

データ通信量

通常: 2GB

3GB(最初の2年間)

通常: 6GB

9GB(最初の2年間)

通常: 10GB

13GB(最初の2年間)

通話国内無料通話(1回10分以内)国内無料通話(1回10分以内)国内無料通話(1回10分以内)

一見すると高そうに見えますが、いくつかの割引がありますよ。

SoftBank光やSoftBank Airも利用する、おうち割光セット(A)適用で、月額料金が500円引きとなります。

「新規割」適用で、700円引き(6ヶ月間)となります。

新規割の対象は、個人契約(法人契約ではない)で、かつ、新規契約またはのりかえ(MNP)、番号移行、契約変更される方となっています。

10分以内のカケホがどのプランでもついてきます。

 

評価のほうは、3GBプランがないため補間すると2,830円、10分カケホがプランに付随していることから880円を差し引いて、1,950円となります。

したがって、観点9の評価は0点となります。

他の格安SIMと比べると高めの値段設定ですが、ソフトバンク・グループという大企業の後ろ盾があり、安心感があります。

参考: 10月1日から2年縛りなし解除料なし|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで[新規割]どのような割引ですか?|よくあるご質問(FAQ)|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで

【観点10】決済方法 (評価: 8点)

ワイモバイルでは、オンラインストアと、ワイモバイルショップという実店舗があり、いずれかで契約することができます。

オンラインストアで契約するか、実店舗で契約するかによって、支払いできる決済方法が変わってきます。

 

支払い方法は以下のとおりです。

■オンラインストアの場合

支払い方法対応している?
クレジットカード払い
クレジットカード(デビットカード)払い
クレジットカード(プリペイド型)払い
口座振替
楽天スーパーポイント払い
LINE Payカード払い
LINE Pay払い

(参考: 支払い方法(口座振替/クレジットカード)の変更方法を教えてください。|よくあるご質問(FAQ)|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルでご準備いただくもの|ご利用ガイド|オンラインストア|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで)

■ワイモバイルショップ(店舗)の場合

支払い方法対応している?
クレジットカード払い
クレジットカード(デビットカード)払い
クレジットカード(プリペイド型)払い
口座振替
楽天スーパーポイント払い
LINE Payカード払い
LINE Pay払い

(参考: クレジットカードでのお支払い|請求・お支払い|サポート|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで口座振替でお支払い|請求・お支払い|サポート|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで)

 

ワイモバイルは、クレジットカードを発行できない事情のある方でも大丈夫!

ワイモバイルショップ(店舗)に行けば、口座振替を利用することができますよ。 

クレジットカード払い、口座振替払いに対応しているため、観点10は8点となります。

ワイモバイルの評価は84点/100点満点中

ワイモバイルのメリット、デメリットは以下のとおりです。

ワイモバイルのメリット

【観点1】MNP移行手数料 (評価:10点)

2019年10月1日から、利用期間に縛りのあるプランが廃止される。

2019年10月1日に契約した場合、MNP転出時の諸費用は契約からの日数を問わず、3,000円ポッキリ

【観点2】利用期間の縛り (評価:10点)2019年10月1日から、利用期間に縛りのあるプランはない=縛りなし
【観点3】エンタメフリープラン (評価:8点)-
【観点4】カケホ(家族同士)(評価: 8点)-
【観点5】カケホ(家族同士以外)(評価:10点)

プラン自体に10分カケホが付随!

さらに、月額1,000円で、他社も含めたすべてのスマートフォンやケータイ、または固定電話への国内通話が、無料でご利用いただける「スーパーだれとでも定額」オプションもあり

【観点6】通信速度(通勤ラッシュ時) Web読み込み速度 (評価:10点)2.7秒と爆速

【観点7】通信速度(お昼休み)Web読み込み速度 (評価:10点)

2.4秒と爆速
【観点8】通信速度(帰宅ラッシュ時) Web読み込み速度 (評価:10点)2.9秒と爆速
【観点9】月額料金 (評価: 0点)

音声通話SIM、2GB、10分カケホ(他社ですと880円相当)がついて、おうち割光セット(A)と「新規割」適用で、1,480円(6ヶ月)と最初の6ヶ月間は鬼安!!!!

【観点10】決済方法 (評価: 8点) クレカ払いはもちろん、ワイモバイルショップ(店舗)で契約する場合は「口座振替」も利用可

 

ワイモバイルのデメリット

【観点1】MNP移行手数料 (評価:10点)-
【観点2】利用期間の縛り (評価:10点)-
【観点3】エンタメフリープラン (評価:8点)エンタメフリープランはない
【観点4】カケホ(家族同士)(評価: 8点)家族間カケホはなし
【観点5】カケホ(家族同士以外)(評価:10点)-
【観点6】通信速度(通勤ラッシュ時) Web読み込み速度 (評価:10点)-

【観点7】通信速度(お昼休み)Web読み込み速度 (評価:10点)

-
【観点8】通信速度(帰宅ラッシュ時) Web読み込み速度 (評価:10点)-
【観点9】月額料金 (評価: 0点)

音声通話SIM,2GBの「スマホベーシックプラン」で、10分カケホがついて2,680円。

10分カケホは他のSIM事業者ですと、だいたい「880円」ですから、2GBで1,800円+10分カケホ+880円 と思えばよいです

【観点10】決済方法 (評価: 8点)-

 

とにかく通信速度が爆速な「ワイモバイル」

音声通話SIM、2GB、縛りなし、10分カケホ(880円相当)で最初の6ヶ月は最安値で1,480円と鬼安!!

 

スタートダッシュを鬼安で行きたいですか?

ワイモバイルの詳細は、以下からどうぞ。

▲格安SIMナビは、広告の報酬によって運営しています。上記広告からワイモバイルをご契約していただくと格安SIMナビに報酬が手に入ります。ご契約される方は、上記バナーをクリック(タップ)してご契約ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Mr.T

Mr.T@節約・時短の伝道師

自身もお金がなく苦しんだ経験を元に、お金に困らない世の中にすることを勝手に決意。節約と時短の伝道師と勝手に名乗っている。 大手キャリアからmineoとIIJmioに乗り換えて、かれこれ4年。 浮いたお金で、毎年海外旅行へ行ってます。 ■経歴 国立大学大学院卒⇨大手企業 のソフトウェアエンジニア 兼 個人事業主 ■成果 大学院: 受賞3本など (うち1件は、300人に1人しか取れない賞を取る) 会社員: 昇給考課にて、100人に1人しか取れない評価をゲット 個人事業: 2018年度: 数千万円の純利益を達成

-ワイモバイル

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 格安SIMナビ , 2019 All Rights Reserved.