楽天モバイル

【まとめ】楽天モバイルを10個の観点で評価しました!

Mr.S
Mr.S
きみ、いろんな観点があって、よくわからんわ。 大手キャリアに勤めているけど、大手キャリアから格安SIMに乗り換えたきみに、楽天モバイルの特徴を教えてほしいなぁ
Mr.T
Mr.T
きみから教えてほしいと言われるのは恐縮だきみ。 手前味噌ながら、評価の基準を整理した上で、楽天モバイルの特徴をまとめてみたよ。

評価

なにかを評価するためには、評価の軸(評価基準)が必要です。 格安SIMナビでは、以下の評価基準を元に、格安SIM事業者を比較します。

評価基準

格安SIM事業者を比べたときに差異があると思われる、以下の観点で評価しました。 満点が100点になるように均(なら)しています。

観点評価
【観点1】MNP移行手数料

MNPで契約した音声通話SIMが対象;

1ヶ月以内の解約にかかる諸費用が4,000円以下: +5点

6ヶ月以内の解約にかかる諸費用が4,000円以下: +3点

12ヶ月以内の解約にかかる諸費用が4,000円以下: +2点

【観点2】利用期間の縛り

音声通話SIMが対象;

なし: 10点

~12ヶ月縛り: 5点

ただし、1ヶ月以内に解約した際の違約金が9,000円を超える場合は、-2点

12ヶ月を超える縛り: 0点

【観点3】エンタメフリープラン

あり: 10点

なし: 8点

【観点4】カケホ(家族同士)

あり: 10点

なし: 8点

【観点5】カケホ(家族同士以外)

あり: 10点

なし: 9点

【観点6】通信速度(通勤ラッシュ時) Web読み込み速度

3秒未満: 10点

3~5秒: 8点

5秒を超える場合: 0点

【観点7】通信速度(お昼休み)Web読み込み速度

3秒未満: 10点

3~5秒: 9点

5秒を超える場合: 8点

【観点8】通信速度(帰宅ラッシュ時) Web読み込み速度

3秒未満: 10点

3~5秒: 8点

5秒を超える場合: 0点

【観点9】月額料金

音声通話SIM(データ通信量3GB)の月額料金を元に点数を算出する。

算出方法
1,000円(通常料金)を10点とし、100円増えるごとに1点を減点する

音声通話SIM(データ通信量3GB)の月額料金を元に点数を算出する。

算出方法
1,000円(通常料金)を10点とし、100円増えるごとに1点を減点する

~1,000円 -> 10
1,001円~1,100円 -> 9
1,101円~1,200円 -> 8
1,201円~1,300円 -> 7
1,301円~1,400円 -> 6
1,401円~1,500円 -> 5
1,501円~1,600円 -> 4
1,601円~1,700円 -> 3
1,701円~1,800円 -> 2
1,801円~1,900円 -> 1
1,901円~  -> 0

ただし、追加料金を払う必要がなく、容易に割引が効く場合は、それを利用した価格とする。
例えば、楽天モバイルの「楽天会員」になるだけで月額料金を割引くものが該当する。


プランにカケホやエンタメフリーが付随している場合は、以下の通り扱う:
10分カケホ: 月額料金を880円割引いて計算する
エンタメフリー: 月額料金を480円割り引いて計算する
通信制限時の速度が1Mbps以上である場合: 月額料金を480円割り引いて計算する

※3GBプランが用意されていない場合は、料金を補間して算出する。
例えば、2GBのプランが1,000円で、4GBのプランが1,200円の場合、1,100円とする。



ただし、追加料金を払う必要がなく、容易に割引が効く場合は、それを利用した価格とする。
例えば、楽天モバイルの「楽天会員」になるだけで月額料金を割引くものが該当する。


プランにカケホやエンタメフリーが付随している場合は、以下の通り扱う:
10分カケホ: 月額料金を880円割引いて計算する
エンタメフリー: 月額料金を480円割り引いて計算する
通信制限時の速度が1Mbps以上である場合: 月額料金を480円割り引いて計算する

※3GBプランが用意されていない場合は、料金を補間して算出する。
例えば、2GBのプランが1,000円で、4GBのプランが1,200円の場合、1,100円とする。

【観点10】決済方法

クレカ払い対応: +5点

デビットカード払対応: +1点

プリペイドカード払い対応: +1点

口座振替対応: 3点

【観点1】MNP移行手数料 (評価: 0点)

楽天モバイルのMNP転出時の諸費用は非常に複雑です。

MNP転出手数料は3,000円ですが、それに加えて、利用期間縛りがあるプランやキャンペーン利用の場合は、契約解除料がかかってきます。

利用するSIMの種類(音声通話SIMか、データSIMか)、利用するプラン、キャンペーンは様々あり、まとめても見るのがつらいでしょう。

 

したがって、今回は、8割の方が選ぶ音声通話SIMのプラン、「スーパーホーダイ」をまとめました。

スーパーホーダイでは、最低利用期間を「1年」、「2年」、「3年」のいずれかから選ぶことができます。

 

スーパーホーダイ利用の場合の、MNP転出にかかる諸費用は、以下のとおりです。

■【2017年9月1日~2018年6月14日19:59】にお申し込みの方

□最低利用期間「1年」の場合

期間手数料合計
開通月を1カ月目として12ヶ月目の末日まで

解約手数料:9,800円

MNP転出料: 3,000円

12,800円
13ヶ月目~MNP転出料: 3,000円3,000円

 

□最低利用期間「2年」の場合

期間手数料合計
開通月を1カ月目として12ヶ月目の末日まで

解約手数料:19,800円

MNP転出料: 3,000円

22,800円
13ヶ月目~24ヶ月目まで

解約手数料:9,800円

MNP転出料: 3,000円

12,800円
25ヶ月目~

MNP転出料: 3,000円

3,000円

 

□最低利用期間「3年」の場合

期間手数料合計
開通月を1カ月目として12ヶ月目の末日まで

解約手数料:29,800円

MNP転出料: 3,000円

32,800円
13ヶ月目~24ヶ月目まで

解約手数料:19,800円

MNP転出料: 3,000円

22,800円
25カ月目~36カ月目

解約手数料:9,800円

MNP転出料: 3,000円

12,800円
37ヶ月目~

MNP転出料: 3,000円

3,000円

 

【2018年6月14日20:00以降】にお申し込みの方

□最低利用期間「1年」の場合

期間手数料合計
開通月を1カ月目として12ヶ月目の末日まで

解約手数料:9,800円

MNP転出料: 3,000円

12,800円
13ヶ月目~MNP転出料: 3,000円3,000円

 

□最低利用期間「2年」の場合

期間手数料合計
開通月を1カ月目として12ヶ月目の末日まで

解約手数料:9,800円

MNP転出料: 3,000円

12,800円
13ヶ月目~24ヶ月目まで

解約手数料:9,800円

MNP転出料: 3,000円

12,800円
25ヶ月目~

MNP転出料: 3,000円

3,000円

 

□最低利用期間「3年」の場合

期間手数料合計
開通月を1カ月目として12ヶ月目の末日まで

解約手数料:9,800円

MNP転出料: 3,000円

12,800円
13ヶ月目~24ヶ月目まで

解約手数料:9,800円

MNP転出料: 3,000円

12,800円
25カ月目~36カ月目

解約手数料:9,800円

MNP転出料: 3,000円

12,800円
37ヶ月目~

MNP転出料: 3,000円

3,000円

 

2017年9月1日~2018年6月14日19:59までに契約し、3年縛りを選んだ方は、

1年以内にMNP転出すると、32,800円も取られてしまいます。

これが、これから契約される方を含む、2018年6月14日20:00以降に契約された方は、なんと3年縛りを選んでも12,800円です。

総務省のおかげで、携帯電話利用料金が劇的に下がっており、料金体系もシンプルになりつつあります。

しかし、楽天モバイルは、まだまだ料金体系が複雑なのでご注意ください。

評価のほうは、12ヶ月以内のMNP転出にかかる諸費用が4,000円を超えているため、観点1は0点となります。

(参考: 楽天モバイル:注意事項楽天モバイル:契約解除料について

【観点2】利用期間の縛り (評価:3点)

データSIMの一部のプランを除き、利用期間に縛りがあります。

利用期間の縛りは12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月のいずれかです。

8割の方が利用する、音声通話SIMのプラン「スーパーホーダイ」プランでは、利用期間のしばりを3つから選ぶことができます。

12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月の3つです。

これから「スーパーホーダイ」を契約される方は、最低利用期間以内に解約すると、契約解除料が9,800円かかります。

 

「スーパーホーダイ」以外にも、データ通信量と通話オプションなどを組み合わせる「組み合わせプラン」などもあります。

詳しく知りたい方は、「楽天モバイル:契約解除料について」をどうぞ。

評価のほうは、12ヶ月の縛りを選ぶことができるので5点ですが、違約金が9,000円を超えるため-2点となり、観点2は5-2=3点となります。

【観点3】エンタメフリープラン(評価: 8点)

楽天モバイルには、YouTubeの動画やSNSなどのエンタメ系の通信量がカウントされない、エンタメフリープランは提供されていません。

ただし、「スーパーホーダイ」プランの場合は、

通信が混み合う時間帯(12:00~13:00、18:00~19:00)は最大300kbps、

それ以外の時間帯は最大1Mbps

となっています。

1Mbpsほどあれば、快適にWebやYouTube動画を閲覧できますので、通信量を使い果たしても、混み合う時間帯以外であれば問題なく使えますよ。

評価のほうは、エンタメフリープランがないことから、観点3は8点となります。

参考: 楽天モバイル:スーパーホーダイ

【観点4】カケホ(家族同士)(評価:8点)

楽天モバイルには、家族間通話のカケホはありませんが、10分カケホというプランがあります。

評価のほうは、家族同士のカケホはないため、観点4は8点となります。

【観点5】カケホ(家族同士以外)(評価:10点)

楽天モバイルでは、月額850円で10分以内の国内通話を何度でもかけ放題「楽天でんわ10分かけ放題 by 楽天モバイル」というオプションがあります。

普段ですと、30秒10円の通話料がかかりますから、43分以上音声通話を利用される方は、カケホのオプションをつけるとよいでしょう。

評価のほうは、カケホ(家族同士以外)があるため、観点5は10点となります。

【観点6】通信速度(通勤ラッシュ時) Web読み込み速度 (評価:8点)

上図は、格安SIM事業者上位8社にY!Mobileを加えた合計9社の、Web読み込み速度順で並べたグラフです (参照: 通信速度で選ぶ! 格安SIMランキング) 結果は以下のとおりです。

回線Web読み込み時間 [秒]
楽天モバイル(D)3.3
楽天モバイル(A)3.6

 

Webの読み込み時間は、5秒以内であれば問題ないと思います。

Webの読み込み時間は5秒以内ですので、通勤ラッシュ時は問題なく利用できると思います。

3~5秒ですので、観点6は8点となります。

【観点7】通信速度(お昼休み)Web読み込み速度 (評価: 9点)

続いて、お昼休みのWeb読み込み時間を見てみましょう。

結果は以下のとおりです。

回線Web読み込み時間 [秒]
楽天モバイル(D)4.4
楽天モバイル(A)5.8

 

楽天モバイル(DoCoMo回線)は、4.4秒とWebの閲覧は快適にできるでしょう。

楽天モバイル(au回線)は5秒を超えているので、イライラするかと思います。

au回線を利用される場合は、お昼休みは使い物にならないと思いますので、Amazon Kindle Oasisなどの読書端末で自己啓発に励むことをおすすめしています。

評価のほうは、Webの読み込み速度が最も短いのが4.4秒ですので、観点7は9点となります。

【観点8】通信速度(帰宅ラッシュ時) Web読み込み速度 (評価: 8点)

帰宅ラッシュ時のWeb読み込み時間も見てみましょう。

結果は以下のとおりです。

回線Web読み込み時間 [秒]
楽天モバイル(A)3.1
楽天モバイル(D)3.8

帰宅ラッシュ時は、いずれの回線でも5秒を切っており、Webの閲覧、問題なしです。

朝、昼、晩、どこでも快適に使いたいなら楽天モバイル(DoCoMo回線)を、 お昼は自己啓発に励んでスマホから離れようという方は、楽天モバイル(au回線)がおすすめです!

5秒以内ですので、観点8の評価は8点となります。

【観点9】月額料金 (評価: 0点)

初期費用

以下の事務手数料がかかります。

ドコモ回線: 3,394円

au回線: 3,406円

楽天モバイルの月額料金

8割の方が選んでいる、音声通話SIM「スーパーホーダイ」の月額料金は、以下のとおりです。

プラン名最低利用期間ダイヤモンド会員楽天会員楽天会員でない方
1年目・対象月のみ1~2年目1~2年目
プランS/2GB
月額基本料 2,980円
3年長期割980円1,480円1,980円
2年長期割1,480円1,980円2,480円
1年1,980円2,480円2,980円
プランM/6GB
月額基本料 3,980円
3年長期割1,980円
(初月980円)
2,480円
(初月1,480円)
2,980円
(初月1,980円)
2年長期割2,480円
(初月1,480円)
2,980円
(初月1,980円)
3,480円
(初月2,480円)
1年2,980円
(初月1,980円)
3,480円
(初月2,480円)
3,980円
(初月2,980円)
プランL/14GB
月額基本料 5,980円
3年長期割3,980円
(初月980円)
4,480円
(初月1,480円)
4,980円
(初月1,980円)
2年長期割4,480円
(初月1,480円)
4,980円
(初月1,980円)
5,480円
(初月2,480円)
1年4,980円
(初月1,980円)
5,480円
(初月2,480円)
5,980円
(初月2,980円)
プランLL/24GB
月額基本料 6,980円
3年長期割4,980円
(初月980円)
5,480円
(初月1,480円)
5,980円
(初月1,980円)
2年長期割5,480円
(初月1,480円)
5,980円
(初月1,980円)
6,480円
(初月2,480円)
1年5,980円
(初月1,980円)
6,480円
(初月2,480円)
6,980円
(初月2,980円)

最低利用期間を1年、2年、3年から選ぶことができます。

楽天モバイルは、楽天会員になるだけで、開通月を1カ月目とし、24カ月目までの月額基本料が500円割引となります。

楽天会員の登録がお済みでない方は、「楽天会員登録|会員費無料」から会員登録してください。

Mr.Tも楽天会員です。

楽天の中には、買い物をすればするほど上級会員として扱ってくれる、ランクという制度があります。

ランクの中で最上位に位置するダイヤモンド会員になると、さらに開通月を1カ月目とし、24カ月目までの月額基本料が500円割引となります。

ダイヤモンド会員の条件は以下のとおりです。

  • 過去6ヶ月で4,000ポイント以上、かつ30回以上ポイントを獲得、かつ楽天カードを保有

あらゆるネットショッピングを楽天内で済ませることで、ダイヤモンド会員は達成できるかと思います。

ダイヤモンド会員になる条件の詳細は「【楽天PointClub】:ランクアップ・キープの仕組み」をご覧ください。

評価のほうは、3GBプランがないため補間すると2,980円-250円=2,730円、通信速度制限時でも最大1Mbpsですので480円を割り引いて2,250円ですから、観点9は0点となります。

参照: 楽天モバイル:スーパーホーダイ料金詳細

【観点10】決済方法 (評価: 9点)

楽天モバイルの決済方法は以下の通りです。

支払い方法対応している?
クレジットカード払い
クレジットカード(デビットカード)払い△(端末、アクセサリの分割払いを除いて利用可能)
クレジットカード(プリペイド型)払い
口座振替△(端末、アクセサリの分割払いを除いて利用可能)
楽天スーパーポイント払い△(クレジット払いの場合、端末、アクセサリの分割払いを除いて利用可能。口座振替の場合は、端末、アクセサリ一括払いのみ対応)
LINE Payカード払い
LINE Pay払い

(参考: 楽天モバイル:お支払い方法について)

楽天モバイルは、クレジットカードを発行できない事情のある方でも大丈夫!

クレジットカード(デビットカード)払い、口座振替を利用することができますよ。

評価のほうは、クレジット払いで+5点、デビットカード払いで+1点、口座払いで+3点ですので、観点10は9点となります。

楽天モバイルは63点/100点満点中

楽天モバイルのメリット・デメリットは以下のとおりです。

楽天モバイルのメリット

【観点1】MNP移行手数料 (評価: 0点)-
【観点2】利用期間の縛り (評価:3点)-
【観点3】エンタメフリープラン(評価: 8点)

エンタメフリープランはないが、データ通信量を使い切っても、最大1Mbpsの制限がかかるだけ。

1MbpsはYouTubeの低画質な動画なら見れる程度なので、通信制限がかかっても問題なくWeb等は閲覧できる

【観点4】カケホ(家族同士)(評価:8点)-
【観点5】カケホ(家族同士以外)(評価:10点)月額850円で10分以内の国内通話を何度でもかけ放題「楽天でんわ10分かけ放題 by 楽天モバイル」というオプションあり
【観点6】通信速度(通勤ラッシュ時) Web読み込み速度 (評価:8点)DoCoMo、au回線ともに3秒台と、Webの閲覧に問題がない
【観点7】通信速度(お昼休み)Web読み込み速度 (評価: 9点)DoCoMo回線は4.4秒と5秒以内であるため、Webの閲覧に問題なし
【観点8】通信速度(帰宅ラッシュ時) Web読み込み速度 (評価: 8点)DoCoMo、au回線ともに3秒台と、Webの閲覧に問題がない

【観点9】月額料金 (評価: 0点)

2年目までは月額料金が破格の安さ。

音声通話SIM、2GB、3年割りで2年目までは980円(ダイヤモンド会員の場合)、1,480円(楽天会員の場合)と破格の安さ

【観点10】決済方法 (評価: 9点)-

 

楽天モバイルのデメリット

【観点1】MNP移行手数料 (評価: 0点)

楽天モバイルのMNP転出時の諸費用は非常に複雑

【2018年6月14日20:00以降】にお申し込みの方

最低利用期間内にMNP転出すると、12,800円もの諸費用がかかる

【観点2】利用期間の縛り (評価:3点)

8割の方が利用する、音声通話SIMのプラン「スーパーホーダイ」プランでは、利用期間のしばりを3つから選ぶことができる

12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月の3つから選ぶ

これから「スーパーホーダイ」を契約される方は、最低利用期間以内に解約すると、契約解除料が9,800円かかる

【観点3】エンタメフリープラン(評価: 8点)エンタメフリープランはない
【観点4】カケホ(家族同士)(評価:8点)家族間カケホはない
【観点5】カケホ(家族同士以外)(評価:10点)-
【観点6】通信速度(通勤ラッシュ時) Web読み込み速度 (評価:8点)-
【観点7】通信速度(お昼休み)Web読み込み速度 (評価: 9点)au回線は5.8秒と5秒を大きく超えており、ネットがまともに使えない
【観点8】通信速度(帰宅ラッシュ時) Web読み込み速度 (評価: 8点)-

【観点9】月額料金 (評価: 0点)

3年目から月額料金が音声通話SIM、2GBで「2,980円」と非常に高い
【観点10】決済方法 (評価: 9点) クレカ払いはもちろん、デビットカード払い、口座振替、楽天スーパーポイント払いと幅広く対応

 

1~2年目までは月額料金が破格の安さを誇る「楽天モバイル」

音声通話SIM、2GB、3年割りで2年目までは980円(ダイヤモンド会員の場合)、1,480円(楽天会員の場合)と破格の安さです

縛りはあるが、破格の安さを求めている方は、「楽天モバイル」がぴったり!

縛りはあるが、破格の安さを求めている方は、以下のバナーから「楽天モバイル」を今すぐ契約! ▲格安SIMナビは、広告の報酬によって運営しています。上記広告から楽天モバイルをご契約していただくと格安SIMナビに報酬が手に入ります。ご契約される方は、上記バナーをクリック(タップ)してご契約ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Mr.T

Mr.T@節約・時短の伝道師

自身もお金がなく苦しんだ経験を元に、お金に困らない世の中にすることを勝手に決意。節約と時短の伝道師と勝手に名乗っている。 大手キャリアからmineoとIIJmioに乗り換えて、かれこれ4年。 浮いたお金で、毎年海外旅行へ行ってます。 ■経歴 国立大学大学院卒⇨大手企業 のソフトウェアエンジニア 兼 個人事業主 ■成果 大学院: 受賞3本など (うち1件は、300人に1人しか取れない賞を取る) 会社員: 昇給考課にて、100人に1人しか取れない評価をゲット 個人事業: 2018年度: 数千万円の純利益を達成

-楽天モバイル

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 格安SIMナビ , 2019 All Rights Reserved.