auから格安SIMへの乗り換え

auから格安SIMへの乗り換え

結論を先にのべると、

auを利用している平均的な世帯が格安SIMへ乗り換えると、年間約10万円を節約できます。

あまりデータ通信を利用していないauユーザが使用中の端末で乗換え後も使用する場合はmineoにて音声つきデータ通信(3GB/月)を申し込むことをお勧めします。

比較的に多くのデータ通信(4GB以上/月)を使用する場合は、OCNモバイルONEまたはiijmioをお勧めします。

 本記事では、通信・通話料の安さとデータ通信の快適さの理由でmineo、OCNモバイルONEまたはiijmioを中心に検討することを勧めましています。

注意:乗り換えを契機に、新規端末を購入する場合、格安SIMと端末のセット申し込みやキャンペーンを併用することでもっと安くなりますが、各社が実施するキャンペーン内容やタイミングは異なる場合があります。

 このサイトからの情報が役に立った場合、お友達や親へ共有するとともに、本サイトから申し込んでください。そうすることで、格安SIMナビの運営者である我々は紹介料を得て、より多くのみなさんの家計を助けるための調査や記事作成を続けることができます。

概要

 ここ数年、格安SIMに乗り換えて、家計の大きな負担となっている通信料を劇的に安くする人が増えています。もはや10人契約のうち実に中に1契約は、格安SIMの契約となっています。

 大手キャリアに勤めていた私は、auから格安SIMへの乗り換えを検討している皆様を助けるために、乗り換える際の注意点や手順を教えます。

このサイトからの情報が役に立った場合、お友達や親へ共有するとともに、本サイトから申し込んでください。そうすることで、我々は紹介料を得てより多くのみなさんの家計を助けるための調査や記事作成を実施します。

格安SIMへ乗り換えるメリット!

 平均的な日本の世帯がauから格安SIMへ乗り換えると、年間約11万円を節約することができます。東京では、家賃の1ヶ月分、地方では数ヶ月分に相当し、無視できない金額です。

 実際、auで契約しているユーザは、毎月約4500円を通信料(オプションは除く)を負担しています。これは開示されているARPUデータ(1利用者当たりの月間平均収入)を見れば推定できます。また、厚生労働省の平成30年度のデータによれば、日本の平均世帯人数は約2.5人です。この平均世帯数を1ユーザあたりの負担金でかけると、通信料は1ヶ月で1.125万円、1年に13.5万円になります。

 一方、格安SIMを使用した場合、通信料はさらに安くなります。格安事業者のARPUはほどんど非公表となっているが、総務省が公表している通信事業の検証レポートから、格安SIMを契約している平均的な世帯は年間3万円の通信料を負担し、そうでない場合よりも約10万を節約していることが推察できます。

まず同レポートによると、2017年度における格安事業者の契約数が1,840 万契約でした。また、同レポートによると、格安事業者 のサービスの売上高は 2,328 億でした。この売上高を契約者数で割ると、1年間の負担金額が契約者あたり約1.2万円(オプション込み)になります。つまり、2.5人の世帯における年間の負担金額が約3万円で、実に大手携帯事業者と約11万円の開きがあります。

auから乗り換え時の注意点

約11万円のメリットがありますが特に以下の点に注意しなければなりません。

1)今のスマホを使い続けるかを確認する

 格安事業者は、大手携帯電話事業者から基地局や設備を借りてサービスを提供しています。今の携帯電話のままで使うには、auから回線を借りている格安事業者にてau回線向けのプランを選ぶ必要があります。多く主要格安SIM事業者のホームページ上に動作検証済み端末のリストが掲載されています。そのリストを確認することで、自分の端末が確実に使えるかが分かります。

ドコモやソフトバンクの回線向けプランしか提供できない格安SIM事業へ乗り換えする場合、スマホのロック解除は必要です。ロックの解除方法は別途述べます。

新規購入の端末をご利用する場合は、SIMフリー端末を購入すればどの格安事業者でも安心してご利用することができます。

2)格安SIM事業者への乗り換えは違約金がかかる可能性。

 大手携帯電話事業者をご利用のユーザはほとんど2年毎に更新される契約を締結しています。そうした場合、違約金がかからない期間中に解約し、格安事業者へ乗り換えると、約1万円の違約金を請求されます。今の負担がおよそ10万円減少すると考えれば、違約金を気にしなくても良いと考えています。

注意:違約金のかからない期間は各大手携帯電話事業者のショップやコールセンタに問い合わせてご契約内容をご確認ください

3)乗り換え先の格安SIM事業者での通信速度を事前に確認しておこう。

格安事業者が実際に大手携帯電話事業者から回線を借りる際は、お金をお支払いし、回線の一定の容量を確保します。回線の容量を増やさずに多くのユーザに使わせると混雑が発生し、通信速度は低下してしまいます。そのため、通信速度における満足度の高い格安SIMの事業者を選択する必要があります。

上記の注意点を踏まえてauから乗り換える時の最適な格安事業者を紹介します。

乗り換え先格安SIM事業者はMineoまたOCNモバイルONE!

 総務省が2019年3月に発表した「電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(平成30年度第4四半期(3月末))」によると、2019年3月の段階で、格安事業者は1003社であり、1000社を超える状況です。すべての事業者を紹介することはできませんので、格安事業のシェアの約6割を占めている主要事業者(楽天、IIJmio、OCNモバイルONE、Mineo、ビックローブ)を通信速度と料金の観点でピックアップし、ご紹介します。

端末のSIMロック解除は共通で、比較要素にならないため、最適な格安事業の選択後に述べます。

1)通信速度の面

2019年2月に行われたMMD総研の顧客満足度調査によると、「データ通信品質・安定性」項目において顧客満足上位なのは高い順でmineo(54.7%)、OCNモバイルONE(52.7%)、IIJMIO(52%)で、楽天とビックローブはもっと下にあります。

注意:YMobileやUQMobileは大手携帯電話事業者が運営しているサブブランドであるため格安事業者とはみなしません。

2)料金の面 

料金は次のように構成されています。まず、auへお支払いする違約金(9500円)とMNP手数料(3000円)があります。こちらはauから請求されるため、比較対象としません。

次に転出先の格安事業者へお支払いする通信・通話料、初期費用および端末購入費用があります。

2-1)通信・通話料での比較

結論から述べると、3Gの通信量が十分な方は、mineoが一番安いです。4G以上が適している方は楽天が一番安くなっています。いずれのケースにおいても、各社の間の差額は約100円しかありません。

まず、総務省が作成した「我が国の移動通信トラヒックの現状(平成30年3月分)」によると、2018年3月時点で平均的な契約は約3.5GB/月を使用しています。

そのため、3Gおよび4Gのデータ通信プランを選び、選定した格安事業者社(5社)へauから乗り換えた場合の月額料金を比較します。比較方法としては各社における1GBの単価を計算し、並べます

3Gプラン(音声付き+データ通信)※通話料(20/30秒)は除く

ランクは以下になります。

 
ランク格安SIM事業者内容備考
1mineo1510円/月(3Gプラン)
2楽天1600円/月(3.1Gプラン)3Gプランはないため
3

OCNモバイルONE、iijmio、ビックローブ

1600円/月(3Gプラン)

3G以内でデータ通信量を使う場合はmineoが有利であることがわかります。

4GB以上(音声付き+データ通信)※通話料(20/30秒)は除く

比較対象会社は4GBプランを提供していませんが、3GBの次に大きいのは、5GBや6GBになっています。ランキングは以下になります。

ランク格安SIM事業者内容備考
1OCNモバイルONE、ビックローブ2150円/月(6Gプラン)
2mineo2190円/月(6Gプラン)
3iijmio2220円/月(6Gプラン)
4楽天2150円/月(5Gプラン)6Gプランはないため
 

4GB以上になるとOCNモバイルONEとビックローブが有利になります。

3)端末の購入費用

auから乗り換えをするときに今の端末をそのまま使うか、新規端末を購入するかで費用が変わっていきます。上記主要5社はauの回線を借りているため、auユーザは既存のスマホを使うことができます。その場合、端末購入による追加費用はありません。

新端末を購入する場合は、SIMフリー端末を購入することをお勧めします。SIMフリー端末なら、特定の事業だけしか許容しない「SIMロック」の制限はないため、他格安SIMの事業者のドコモやソフトバンク回線へ乗り換える際にSIMロック解除は不要です。※SIMロック解除については下記を参照してください。

SIMフリー端末の購入は格安SIMの契約はセット購入でお勧めします。基本的に契約先で購入すると、キャンペーンなど、通信料はさらに割安になります。実際、iijimioでのキャッペンを利用することで、端末を100円で一括購入、また請求額が3ヶ月間、約1600円/から400円台の実績があります。

auでご利用の端末のままで乗り換え場合は、沢山のデータ通信を使用しない人はmineo、それ以外の人はOCNモバイルONEをを選択しても良いと考えています。

乗り換え手順

 乗り換え手順は次の簡単な3ステップで構成されています。

・ステップ1:MNPの予約番号、

・ステップ2:格安SIMへの申し込み、

・ステップ3:格安SIM到着後の設定

ステップ1:MNPの予約番号

auでご利用の電話番号をそのまま、乗り換え先の格安事業者で使用するためにはMNP(Mobile number portability)を取得する必要があります。

auからMNPを取得するための方法は下記の4つがあります。

手続き時間の短縮および柔軟性のためにWebからのMNP番号予約をします。

取得方法内容特徴
お電話au携帯電話 / 一般電話共通で0077-75470 (無料)に電話をする
受付時間は9:00~20:00です。
auのwalletポイントについての注意事項等はオペレータからご説明があるが、長時間になる可能性があります。またauのサブブランドとなるUQモバイルへ勧誘を受けたり、引き止めをされる可能性があるため、気をつけましょう。
auショップの店頭auショップ / トヨタ au取扱店 (一部除く)受付時間は転倒によります。上記同様です。
WebMy auへのログイン後 下記手順でMNPを取得する
My au TOP >画面上部「スマートフォン・携帯電話」 > ご契約内容 / 手続き > お問い合わせ / お手続き >MNPご予約 
※手続きは9:00~20:00の間に行う必要があります。
ショップ店頭やお電話に比べ、短時間で手続きを完了させることができる。オペレータからの説明はないため、注意事項をしっかり読んで確認しましょう。
EZweb下記の手順でMNPを取得する  ボタン > トップメニューまたはauポータル トップ  > My au > 申し込む / 変更する  > au 携帯電話番号ポータビリティー (MNP) ※受付時間は9:00~20:00です。上記同様です。

ステップ2:格安SIMへの申し込み

このステップでは、先ほどご紹介した申し込みリンクをタップして、申し込みを行います。

申し込みの際に、新たしい端末を購入する場合、合わせてキャンペーン等を確認し購入をします。

一般的な通販と同等のため、購入完了の数日後に商品は届くでしょう。

ステップ3:格安SIM到着後の設定

格安SIMや端末の到着後、送付されているガイドに従って設定を行います。

特に設定が必要になるのはAPNです。APNは回線の最端にある装置で、乗り換え先事業者のAPNを使用しないとインターネットなどの接続ができません。端末を新購入した場合は端末の初期設定を事前に行う必要があるでしょう。

ステップ3は完了すると、新しい格安SIMで携帯電話が使えるようになります。

以上です。

いかがでしょうか。

SIMロック解除について

SIMロックは携帯電話に特定のSIMカードしか利用できない制限と言います。SIMロックを解除しないと、auで購入した端末にドコモ、ソフトバンクおよびそれらの回線を借りている格安事業者のSIMを挿入しても利用できません。

au端末のSIMロック解除ために条件があります。

端末の残債が完了したユーザや一括払いのユーザはすぐでもSIMロック解除ができます。

分割払いのユーザは100日を過ぎてから解除が可能になります。

また、すでに解約したユーザは解約から100日以内の条件があります。

SIMロック可能な端末に条件はありますのでご確認ください

費用について、auショップで実施いただく場合は3000円かかります。

My auでの手続きは無料になりますが、名義変更後や解約後のSIMロック解除はauショップのみになります。

<元へ戻る>

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-auから格安SIMへの乗り換え

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 格安SIMナビ , 2019 All Rights Reserved.