メリット・デメリット 格安SIMの選び方

【ネットが激重になる時間帯に注意】格安SIMのメリット・デメリットまとめ 速い・安い・旨いものはなかった! 安い!には裏がある

こんばんは、Mr.T です。
格安SIMとは何ですか?と聞かれて即答できますか?
即答できない場合は、「格安SIMとは? 乗り換えて、毎年海外旅行へ行っちゃおう!」の記事をまず読んでください。
 
今回は、格安SIMのメリットだけでなく、デメリットも赤裸々に説明します。

格安SIMのメリット

きみ、格安SIMに乗り換えたか
Mr.S
Mr.S
 
Mr.T
Mr.T
乗り換えたよ。auに入ってて2年縛りで使っていたんだ。
解約しても違約金がかからない、いわゆる更新月まで待ってから格安シムに乗り換えようと思ったんだけど、違約金の約1万円を払ってでも得することがわかったんだ。
違約金なんて、格安シムに乗り換えれば、たった2ヶ月でもとが取れるんだ。きみ、いま使ってるのはドコモだっけ?
 
そうだきみ。
Mr.S
Mr.S
 
Mr.T
Mr.T
今はいくらぐらい払ってるの?
 
今は6,600円ぐらい
Mr.S
Mr.S
 
Mr.T
Mr.T
きみ、私も同じぐらい払ってた

 

それが、1,600円ぐらいになったぞ。
年間6万円は浮くことになるから家族で一斉に乗り換えると、年間6万円×家族の人数分 浮くことになる。
3人家族なら、18万円だきみ。
毎年、新しいMacBookを買えるぞ。
MacBookが必要ないなら、家族で毎年海外旅行に行けばいい。
 
今まで、ドコモに余計なお金を払ってたんだ。
乗り換えるわ。ありがとうきみ。
Mr.S
Mr.S
 
格安SIMのメリットは、なんといってもその安さにあります。
 
本記事では、格安シムのメリットとデメリットを説明します。

メリットその1: 携帯代が月2,000円ぐらいになる

スマホの月額料金、どのくらい払っていますか?
基本プランは何ですか?
通話料、通信量はどのくらいですか?
 
なになに、月額料金は把握してない?
月額料金を把握しているけど、基本プラン、通話料、通信量はわからない?
月額3000円以上払っている?
 
そんなあなたは、大手キャリアに搾取されている可能性が高いです。
 
私もその一人でした
スマホを落としたときの保証を、かけてる方も多いでしょう。
私もかつてはかけていましたが、よくよく考えると、学生の頃からスマホを壊したことがないぞ!
スマホの保証が月額500円かかっていて、10年ぐらい払ってきて、総額6万も払ってきたやんけ! 
スマホ一台どころか、安いスマホなら2台変えたやんけ!
海外旅行行けたやんけ!
 
そう、余計なオプションは、使う機会がほとんどないわけです。
スマホの保証オプションに加入していて、毎月7,100円ほど支払っていました。
スマホの保証オプションを外したあとも、毎月6,600円の支払いです。
このくらいが相場なのかなぁと思っていました
 
格安SIMの月額費用

格安SIMの月額費用

 
しかし、同期や先輩に聞いてみると、格安SIMに乗り換えてから、2,000円も払っていないというではありませんか!
友達「どう考えても乗り換えたほうがいいよ」
私「いや、でもそうは言っても、2年縛りで違約金1万かかるから、違約金がかからない、更新月まで待ってから乗り換えようかなー」
友達「違約金払って乗り換えたけど、2ヶ月でもと取れるから、今すぐ乗り換えたほうがいいよ」
私「わかった、信じて乗り換えよう」
こんな感じで、同期を信じて乗り換えた結果、月額料金が1,600円ほどになりました。
 
月額料金が大幅に安くなるのは、私だけなのでしょうか?
 
そうではありません。
 
 
 
家計簿サービス「Zaim」を提供するZaimの調査(https://moneyzine.jp/article/detail/216112)によれば、
大手3キャリアの月額利用料金の平均は約12,300円、
格安SIMと呼ばれるMVNOの平均は約3,500円であるそうです。
したがって、平均的な方であれば、月額8,800円、年間10万5,600円ものお金が浮くことがわかります。
 
あなたも格安SIMへ乗り換えれば、年間10万円も浮くことになるでしょう。
 
そこのあなた、年間10万円浮いたところで何になるの? そのくらいなら乗り換えるの手間だしいいやと思っていませんか?
 
乗り換えるだけで、あなたの夢、叶いますよ!
 
 
格安SIMの年額費用

格安SIMの年額費用

 
私の場合は年間6万円ほどお金が浮くことになり、毎年海外旅行に行くという長年の夢達成しました。
 
あなたはたくさん夢があるかと思いますが、そのうちの一つは、年間6万円ほどあれば叶いませんか?
 
夢を叶えていきましょう
 
 
月額料金・基本プラン・通話量・通信量

月額料金・基本プラン・通話量・通信量

 
夢を叶えるためには、まず、現状の月額料金、基本プラン、通話量、通信量を把握してください
 

 
私の場合は、格安SIMに乗り換えたときは独身の一人暮らし。
音声通話はほとんど使わず、データ通信量は3GB以下という状況で、6,600円ほど払っていました。
似たような方が多いのではないでしょうか。
 
これを格安SIMへ乗り換えて、1,600円ほどになりました。

メリットその2: 同じスマホを使い続けるほどオトク!

大手キャリアと契約していて、同じスマホを使い続けると損した気分になりませんでしたか?

私もその一人でした

 

同じ機種を使い続けているのに、なんの割引もない

一方で機種変すると端末代の割引がある

不公平ですよね。

 

格安SIMだと

そもそも月額料金が格安ですし、

機種変したからと言って、端末代の割引があることはほとんどありません。

 

したがって、同じスマホを使い続ければ使い続けるほど、オトクになるのです!

メリットその3: 2年縛りがない

大手キャリアを使っていると、2年縛りという言葉を耳にしたことがあると思います。

2年に1~2ヶ月だけ訪れる、契約更新月以外に解約すると、違約金約1万円を払わなければならず、契約を2年単位で縛っていることから、2年縛りと呼ばれています。

他社に乗り換えづらくしているわけですね。

上図にあるように、毎月300円を上乗せして払うことで、契約更新以降は違約金を不要とするプランも新設されたようですが、ただでさえ高いのに嫌になっちゃいますね。

 

そもそも、大手キャリアから2年縛りプラン以外の料金プランが紹介されなかった例が、2017年には平均68%もあったそうです (参考: 内閣府の「大手携帯電話事業者における期間拘束・自動更新を伴う契約」)

約10人に7人は、2年縛りのプランしか紹介されなかったということです。

したがって、あなたも知らずのうちに、2年縛りのプランに入っているかもしれません。

おそろしいですね。

 

格安SIMでは、2年縛りといった、縛りのあるプランはほとんどないため、安心して契約することができますよ。

メリットその4: シンプルな料金プラン

大手キャリアの料金プラン、なんだか何を言っているかよくわからないですよね。

わざと料金をわかりづらくしているのではないかと思うほどです。

 

現に、総務省の「第15回(令和元年6月18日)モバイル市場の競争環境に関する研究会」において、西村(真)構成員が「大手キャリア(MNO)の複雑怪奇な料金プランが是正されるということを大変に期待しております」 と発言されており、国も認めているほどです。

これを受けて、大手キャリアは新料金プランを発表しましたが、月額○円と大きく記載されている右肩などに米印がついており、よく読むと、家族3回線以上を利用しており、最初の6ヶ月だけですよという条件付きの料金となっております。

大手キャリアは、国から指摘されても割引後の価格を表示しており、消費者に寄り添っていないことがおわかりいただけるかと思います。

メリットその5: エンタメ系のサービスが通信量にカウントされない、特徴のある格安SIM事業者もある!

大手キャリアだと、通信料金は○GBでいくら、といったように、通信量ベースで課金されるかと思います。

YouTubeでヒカルさん、ラファエルさんの動画見たり、

abemaTVを見たり、

Amazon Prime Video で映画見たり

すると、あっという間に通信量が残り0になること、ありませんか?

 

なくなっちゃったから、1GB課金するかーとやっているうちに、月額1万円超えていたこともあるでしょう。

 

そんな人におすすめなのが、YouTubeなど対象の動画や音楽(エンタメ系)を定額料金でデータ通信量の制限なく、好きなだけ楽しめるオプションが付けられる格安SIM事業者もあります。

自宅にWi-Fiがない方、外出先でエンタメ系を楽しまれる方は、エンタメ系のオプションがついた格安SIM事業者へ乗り換えることで、月額料金がグーンと安くなることでしょう!

 

no image
動画を中心に見る方 - データ量ごとの格安SIM

この記事が気に入ったらいいね ! しよう シェアする ツイートする 更新情報を Push 通知で受けとる Twitter で Follow KakuyasuSIMNavi

続きを見る

格安SIMのデメリット

デメリットその1: 実店舗がないため、自分で調べる力が必要

大手キャリアのショップを利用されたことがあるかと思います。

docomoショップ、auショップ、SoftBankショップ。

どれも馴染みがありますよね。

わからないことがあったとき、スマホが壊れたときなどに利用されている方もいたかと思います。

 

実は格安SIM事業者のほとんどは実店舗を構えていないため、困ったときにはショップ店員などに丸投げすることができず、公式サイトやインターネットで情報を自力で調べることになります。

 

これまでの人生で、大手キャリアのショップを何度利用しましたか?

私は契約のとき以外は利用していませんでした。

大手キャリアを使っている方でショップを1、2回しか利用したことがない方は、ショップをよく利用するお客さんのショップ利用料を間接的に負担しているがために、月額料金を搾取されているのです。

デメリットその2: 格安SIMだと、通信速度が遅くなる場合がある

大手キャリアを利用されている方で、なんか今日は通信速度が遅いなと感じたことはありましたか?

ほとんどないと思います。

 

格安SIMに乗り換えると、サラリーマンがよく利用する時間帯である、通勤時間帯(8時台)とお昼休み(12時台)に、通信速度が遅くなることがあります。

 

これは、格安SIM事業者は大手キャリアから通信するための道路のようなもの(帯域)を何本か間借りしており、混雑時には、いくつかの通信が道路を通れなくなるために起こります。

 

私は、お昼休みは会社のPCを使ってネットサーフィンする、Amazon Kindle Oasisという電子書籍端末で読書する、などで対応しています。

スマホから離れるいい機会になりますので、むしろ通信速度が遅くなってよかったです!

デメリットその3: 格安SIMだと、電話代は高くなりがち

大手キャリアで音声通話し放題プランに加入されている方はいますか?

音声通話し放題プランに加入していて、1ヶ月にどのくらい音声通話していますか?

ここでいう音声通話は、LINEやFacebookなどのアプリによる通話は含みません。

 

1ヶ月に140分以上、音声通話を利用していないのではないでしょうか。

140分以上利用されている方は、格安SIMに乗り換えないほうがよいでしょう。

デメリットその4: データ容量をたくさん (20GB以上) 使う場合は、月額料金が高くなりがち

現在、データ容量はどの程度利用されていますか?

格安SIMでは、データ通信量を20GB以上とたくさん使う場合は大手キャリアのほうが安くなることが多いので注意が必要です。

 

ただし、NTTコムの調査によれば、9割の方が、1ヶ月に3GBも使っていないようです。

また、ほとんどの方が、1ヶ月に7GBも使っていないことがわかります。

ほとんどの方はこのデメリットを気にする必要はないでしょう。

デメリットその5: キャリアメールが使えない

現在、キャリアメール (@docomo.ne.jp, @au.com @ezweb.ne.jp, softbank.ne.jp、i.softbank.ne.jp)を利用されている方はいますか?

格安SIMに乗り換えると、キャリアメールが使えなくなるので注意が必要です。

 

私は乗り換え前にキャリアメールを使っていましたが、Googleの提供するメールサービス GMail (無料) に乗り換えました。

キャリアメールよりGMailのほうが安定してサービスが提供されているため、GMailを利用されることをおすすめします。

デメリットその5: LINEでID検索が使えなくなる

LINEというアプリを利用されている方がほとんどだと思いますが、大手キャリア以外を利用している場合は、友達追加時にIDを検索して登録する、「ID検索」機能が使えなくなるので注意してください。

ID検索が利用できなくなっても、LINEが利用できなくなるわけではありません。

QRコードによる登録や、ふるふるなどで友達登録すれば何ら問題はありません。

デメリットその6: 乗り換えた後、自分で初期設定をする必要がある

大手キャリアでスマホを購入した場合は、キャリアのショップで、あらかじめスマホが使える状態にして渡されたかと思います。

格安SIMでは、そうはいきません。

 

自分で、スマホが使えるようにする初期設定をする必要があります。

ただ、構える必要はありません。たった数分、スマホをタップして設定するだけです。

デメリットその7: 格安SIMだと、クレジットカード払いが多い

大手キャリアへの支払い方法に、クレジットカードを利用されている方もいれば、銀行口座引き落としをされている方もいるでしょう。

 

格安SIMでは、支払い方法がクレジットカード払いのみ、といったところが多いので注意してください。

デメリットその8: 大手キャリアを使っている場合は、違約金が発生する場合がある

大手キャリアを利用している方で、契約期間が自動更新されるようなプランを利用されている方は、違約金が発生する場合があります。

 

違約金はせいぜい1万円程度です。

違約金がどの程度かかるかどうかは、大手キャリアのショップ、もしくは電話にて聞くことができるので、心配いらないでしょう。

デメリットその9: 格安SIM事業者は、統廃合されることがある

大手キャリアを利用されている方で、近々大手キャリアが倒産するのではないか?と考える人はいないでしょう。

 

ただし、格安SIM事業者は倒産したり、統廃合されることがあるのです。

事実、FREETELという格安SIM事業者は、楽天らに統廃合されました (出典: 「自己破産で学んだ」 元FREETEL増田薫氏が翻訳機で復活 スマホにも意欲 - ITmedia Mobile)

とはいえ、心配することはありません。

楽天に変わってからも、料金プランに大幅な変更等はなかったようです。 (参考: FREETEL SIMが楽天に統合!ユーザーへの影響は?乗り換えキャンペーン情報も! | セット割チョイス)

格安SIMに乗り換えるべきか?は以下の観点で考えよう

以下の観点に3点以上当てはまると、乗り換えたほうがよい

まとめると、以下の観点に3点以上当てはまった場合は、格安SIMに乗り換えるべきです。

  • 月3,000円以上、大手キャリアに払っている
  • 同じスマホを2年以上使い続ける
  • 2年縛りなど、契約に縛られたくない
  • シンプルな料金プランがいい
  • 外出先(Wi-Fiを利用しない環境)で、YouTubeなど動画や音楽(エンタメ系)を1日に10分以上観る
  • 大手キャリアのショップに、数回しか行ったことがない
  • お昼休みに通信速度が遅くなっても困らない (代わりに読書など自己啓発などをする)
  • 140分以上、音声通話を利用しない
  • データ通信量は毎月20GB以下
  • クレジットカードを持っている

以上、格安SIMのメリット、デメリットを紹介しました。

格安SIMに乗り換えたほうが良いことがおわかりいただけたところで、次の記事へどうぞ

planning
格安SIMの選び方【キャリアが提供するウイルス対策ソフトは超高価!】

こんばんは、Mr.T です。   格安SIMとは何なのかよくわからん、という方は、「格安SIMとは? 乗り換えて、毎年海外旅行へ行っちゃおう!」の記事をまず読んでください。   今回は、格安SIMの選 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Mr.T

Mr.T@節約・時短の伝道師

自身もお金がなく苦しんだ経験を元に、お金に困らない世の中にすることを勝手に決意。節約と時短の伝道師と勝手に名乗っている。 大手キャリアからmineoとIIJmioに乗り換えて、かれこれ4年。 浮いたお金で、毎年海外旅行へ行ってます。 ■経歴 国立大学大学院卒⇨大手企業 のソフトウェアエンジニア 兼 個人事業主 ■成果 大学院: 受賞3本など (うち1件は、300人に1人しか取れない賞を取る) 会社員: 昇給考課にて、100人に1人しか取れない評価をゲット 個人事業: 2018年度: 数千万円の純利益を達成

-メリット・デメリット, 格安SIMの選び方

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 格安SIMナビ , 2021 All Rights Reserved.