LINEモバイル

【まとめ】LINEモバイルを10個の観点で評価しました!

Mr.S
Mr.S
きみ、いろんな観点があって、よくわからんわ。
大手キャリアに勤めているけど、大手キャリアから格安SIMに乗り換えたきみに、LINEモバイルの特徴を教えてほしいなぁ

Mr.T
Mr.T
きみから教えてほしいと言われるのは恐縮だきみ。

手前味噌ながら、評価の基準を整理した上で、LINEモバイルの特徴をまとめてみたよ。

評価

なにかを評価するためには、評価の軸(評価基準)が必要です。

格安SIMナビでは、以下の評価基準を元に、格安SIM事業者を比較します。

評価基準

格安SIM事業者を比べたときに差異があると思われる、以下の観点で評価しました。

満点が100点になるように均(なら)しています。

観点評価
【観点1】MNP移行手数料

MNPで契約した音声通話SIMが対象;

1ヶ月以内の解約にかかる諸費用が4,000円以下: +5点

6ヶ月以内の解約にかかる諸費用が4,000円以下: +3点

12ヶ月以内の解約にかかる諸費用が4,000円以下: +2点

【観点2】利用期間の縛り

音声通話SIMが対象;

なし: 10点

~12ヶ月縛り: 5点

ただし、1ヶ月以内に解約した際の違約金が9,000円を超える場合は、-2点

12ヶ月を超える縛り: 0点

【観点3】エンタメフリープラン

あり: 10点

なし: 8点

【観点4】カケホ(家族同士)

あり: 10点

なし: 8点

【観点5】カケホ(家族同士以外)

あり: 10点

なし: 9点

【観点6】通信速度(通勤ラッシュ時) Web読み込み速度

3秒未満: 10点

3~5秒: 8点

5秒を超える場合: 0点

【観点7】通信速度(お昼休み)Web読み込み速度

3秒未満: 10点

3~5秒: 9点

5秒を超える場合: 8点

【観点8】通信速度(帰宅ラッシュ時) Web読み込み速度

3秒未満: 10点

3~5秒: 8点

5秒を超える場合: 0点

【観点9】月額料金

音声通話SIM(データ通信量3GB)の月額料金を元に点数を算出する。

算出方法
1,000円(通常料金)を10点とし、100円増えるごとに1点を減点する

音声通話SIM(データ通信量3GB)の月額料金を元に点数を算出する。

算出方法
1,000円(通常料金)を10点とし、100円増えるごとに1点を減点する

~1,000円 -> 10
1,001円~1,100円 -> 9
1,101円~1,200円 -> 8
1,201円~1,300円 -> 7
1,301円~1,400円 -> 6
1,401円~1,500円 -> 5
1,501円~1,600円 -> 4
1,601円~1,700円 -> 3
1,701円~1,800円 -> 2
1,801円~1,900円 -> 1
1,901円~  -> 0

ただし、追加料金を払う必要がなく、容易に割引が効く場合は、それを利用した価格とする。
例えば、楽天モバイルの「楽天会員」になるだけで月額料金を割引くものが該当する。


プランにカケホやエンタメフリーが付随している場合は、以下の通り扱う:
10分カケホ: 月額料金を880円割引いて計算する
エンタメフリー: 月額料金を480円割り引いて計算する
通信制限時の速度が1Mbps以上である場合: 月額料金を480円割り引いて計算する

※3GBプランが用意されていない場合は、料金を補間して算出する。
例えば、2GBのプランが1,000円で、4GBのプランが1,200円の場合、1,100円とする。



ただし、追加料金を払う必要がなく、容易に割引が効く場合は、それを利用した価格とする。
例えば、楽天モバイルの「楽天会員」になるだけで月額料金を割引くものが該当する。


プランにカケホやエンタメフリーが付随している場合は、以下の通り扱う:
10分カケホ: 月額料金を880円割引いて計算する
エンタメフリー: 月額料金を480円割り引いて計算する
通信制限時の速度が1Mbps以上である場合: 月額料金を480円割り引いて計算する

※3GBプランが用意されていない場合は、料金を補間して算出する。
例えば、2GBのプランが1,000円で、4GBのプランが1,200円の場合、1,100円とする。

【観点10】決済方法

クレカ払い対応: +5点

デビットカード払対応: +1点

プリペイドカード払い対応: +1点

口座振替対応: 3点

【観点1】MNP移行手数料 (評価: 10点)

LINEモバイルのMNP転出時の諸費用は以下のとおりです

■2019/4/30までに、音声通話SIMをお申し込みのお客様

期間手数料合計
利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで

解約手数料:9,800円

MNP転出手数料: 3,000円(税別)

12,800円
13ヶ月目~

MNP転出手数料: 3,000円(税別)

3,000円(税別)

音声通話SIMの方で、2019/5/1申し込み~2019/9/30までに利用開始日を迎えたお客様

期間手数料合計
利用開始日を含む月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで

解約手数料:9,800円

MNP転出手数料: 3,000円(税別)

12,800円(税別)
13ヶ月目~

MNP転出手数料: 3,000円(税別)

3,000円(税別)

音声通話SIMの方で、2019/10/1以降に利用開始日を迎えたお客様

期間手数料合計
利用開始日を含む月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで

解約手数料:1,000円

MNP転出手数料: 3,000円(税別)

4,000円(税別)
13ヶ月目~

MNP転出手数料: 3,000円(税別)

3,000円(税別)

音声通話SIM以外を利用される方

期間手数料合計
全期間

MNP転出手数料: 3,000円(税別)

3,000円(税別)

携帯違約金1000円の衝撃 菅氏「ドラスチックにやれ」:日本経済新聞という記事にもあるように、解約手数料を1,000円にどうしても下げたい総務省。

その影響もあってか、10/1以降に利用開始する方は、解約手数料がこれまでの9,800円から1,000円と、大幅に安くなっています。

10/1以降に契約される方は、利用開始日を含む月を1ヶ月目として解約しても、MNP移転に関する諸費用は4,000円と超良心的です!

10/1以降に契約される場合はMNP以降に関する諸費用が4,000円以下であるため、観点1は10点となります。

素晴らしいの一言。

(参考: MNP(モバイルナンバーポータビリティ)で他社に転出することはできますか?|よくある質問|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM解約時の違約金は発生しますか?|よくある質問|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM)

【観点2】利用期間の縛り (評価: 5点)

データSIMの場合は、利用期間の縛りはありません。

 

音声通話SIMの場合、以下の解約手数料がかかります。

■2019/4/30までに、音声通話SIMをお申し込みのお客様

期間手数料合計
利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで

解約手数料:9,800円

9,800円
13ヶ月目~

-

0円

音声通話SIMの方で、2019/5/1申し込み~2019/9/30までに利用開始日を迎えたお客様

期間手数料合計
利用開始日を含む月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで

解約手数料:9,800円

9,800円(税別)
13ヶ月目~-0円

音声通話SIMの方で、2019/10/1以降に利用開始日を迎えたお客様

期間手数料合計
利用開始日を含む月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで

解約手数料:1,000円

1,000円(税別)
13ヶ月目~

-

0円

 

2019/10/01 以降に契約すると、解約手数料が1,000円と激安になりますよ!

評価のほうは、利用期間の縛りが12ヶ月以下ですので、観点2は5点となります。

参考: 解約時の違約金は発生しますか?|よくある質問|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

【観点3】エンタメフリープラン (評価: 10点)

本サイトでは、SNSや動画サービスなどのエンタメ系がデータ通信量としてカウントされないオプションを、エンタメフリーオプションと呼んでいます。

ここでは、データ通信量がカウントされないことを、データフリーと呼ぶことにします。

 

LINEモバイルでは、オプションではなく、料金プランごとに紐づく形となっています。

 

プランはシンプルに以下の3つです

  • SNS使い放題の人気プランの「コミュニケーションフリー」では、月額1,110円~、LINE, Twitter, Facebook Instagram がデータフリー
  • LINEがデータフリー、月額500円~の「LINEフリー」
  • コミュニケーションフリーにLINE Musicもデータフリー、月額1,810円~の「MUSIC+」

 

LINEのデータフリー対象となる機能の目玉に、ビデオ通話があります。

ただし、グループ内Liveはカウントフリーの対象外なので注意してください。

 

Twitterはおおむねデータフリーの対象となっていますが、以下の点にご注意ください。

  • ツイート内に含まれるYouTubeなど動画サイトの閲覧は対象外となっています。
  • Twitter公式アプリ以外の利用は対象外となっています。Twitter公式アプリを使いましょう。

Facebookは投稿に含まれる動画サイトの閲覧、ライブ動画の配信、閲覧、Facebook Messengerの利用が対象外となっていますのでご注意ください。

Instgramは、ライブ動画の配信、閲覧は対象外となっていますのでご注意ください。

LINE MUSICは、音楽・音声の視聴は対象となっていますが、ミュージックビデオ(動画)の閲覧は対象外となっていますのでご注意ください。

詳しく知りたい方は、以下のLINE公式サイトへどうぞ

データフリー|使い方・設定方法|LINEモバイル

 

LINEはわざわざエンタメフリーのオプションという形ではなく、料金プランに組み込まれているので非常にわかりやすいですね。

評価のほうは、エンタメフリープランがあるため、観点3は10点となります。

 

参考: 料金プラン|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIMデータフリー|使い方・設定方法|LINEモバイル

【観点4】カケホ(家族同士) (評価: 8点)

LINEモバイルでは、家族間無料通話は提供しておりませんが、プランやオプションによって、無料通話オプションがありますので、読み進めてください。

家族間カケホがないため、評価は8点となります。

【観点5】カケホ(家族同士以外) (評価: 10点)

LINEモバイルでは、カケホのオプションは1つだけとシンプル!

10分電話かけ放題というオプションのみの提供となっています。

月額880円となっています。

カケホオプションなしで電話をかける場合は、10円/30秒ですので、44分以上音声通話をされる方は「10分電話かけ放題」オプションをつけるとオトクです。

カケホ(家族同士以外)があるため、観点5は10点となります。

参考: 10分電話かけ放題|オプション・料金|格安スマホ・格安SIMならLINEモバイル

【観点6】通信速度(通勤ラッシュ時) Web読み込み速度 (評価: 10点)

上図は、格安SIM事業者上位8社にY!Mobileを加えた合計9社の、Web読み込み速度順で並べたグラフです (参照: 通信速度で選ぶ! 格安SIMランキング)

結果は以下のとおりです。

回線Web読み込み時間 [秒]
LINEモバイル(S)2.5
LINEモバイル(D)3.3

 

LINEモバイル(SoftBank回線)は2.5秒と爆速ですね!

DoCoMo回線はどうでしょうか。

Webの読み込み時間は3~5秒程度は待てると思いますので、DoCoMo回線でも、問題なく閲覧できるかと思います。

Web読み込み時間が最も短いもので2.5秒と3秒以下ですので、観点6は10点となります。

 

【観点7】通信速度(お昼休み)Web読み込み速度 (評価: 9点)

続いて、お昼休みのWeb読み込み時間を見てみましょう。

結果は以下のとおりです。

回線Web読み込み時間 [秒]
LINEモバイル(S)4.5
LINEモバイル(D)5.6

 

SoftBank回線は5秒以内ですので、問題なく閲覧できるかと思います。

DoCoMo回線は5秒を超えているので、イライラするかと思います。

 

お昼にどうしても使いたい場合は、SoftBank回線を契約すると良いでしょう。

DoCoMo回線を契約される方は、お昼休みは使い物にならないと思いますので、Amazon Kindle Oasisなどの読書端末で自己啓発に励むことをおすすめしています。

Web読み込み時間が最も短いもので4.5秒と5秒以下ですので、観点7は8点となります。

【観点8】通信速度(帰宅ラッシュ時) Web読み込み速度 (評価: 10点)

帰宅ラッシュ時のWeb読み込み時間も見てみましょう。

結果は以下のとおりです。

回線Web読み込み時間 [秒]
LINEモバイル(S)2.5
LINEモバイル(D)3.6

帰宅ラッシュでも3秒を切っているSoftBank回線!

DoCoMo回線でも、快適に使える3.6秒です。

 

朝、昼、晩、どこでも快適に使いたいならLINEモバイル(SoftBank回線)を、

お昼は自己啓発に励んでスマホから離れようという方は、LINEモバイル(DoCoMo回線)がおすすめです!

評価のほうは、Web読み込み時間がもっとも短いもので2.5秒と3秒以下ですから、観点8は10点となります。

【観点9】月額料金 (評価: 10点)

コミュニケーションフリープランの月額料金

コミュニケーションフリープラン(LINE、Facebook、Twitter、Instagramを使っても通信量が減らない)の月額料金は以下のとおりです。

容量データSIM(SMS付き)音声通話SIM
3GB月額1,110円月額1,690円
5GB月額1,640円月額2,220円
7GB月額2,300円月額2,880円
10GB月額2,640円月額3,220円

LINE、Facebook、Twitter、Instagramを使っても通信量が減らないのに、月額料金は1,690円と他社と引けを取らない価格となっています。

詳細は、「SNS使い放題コミュニケーションフリー|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM」をご覧ください。

評価のほうは、3GBの1,690円、そこからエンタメフリーがプランに付随しているため480円を差し引いて1,210円ですから、観点9は10点となります。

LINEフリープランの月額料金

LINEフリープラン(LINEを使っても通信量が減らない)の月額料金は以下のとおりです。

容量データSIM-
1GB月額500円-
容量データSIM(SMS付き)音声通話SIM
1GB月額620円月額1,200円

容量が1GBのプランしかないのがネックですが、音声通話SIMで1,200円と安価です。

LINEフリープランの詳細は、「LINEアプリの通話・トークが使い放題 LINEフリー|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM」をご覧ください。

MUSIC+プランの月額料金

MUSIC+プラン(LINE、Facebook、twitter、Instagram、LINE Musicを使っても通信量が減らない)の月額料金は以下のとおりです。

容量データSIM(SMS付き)音声通話SIM
3GB月額1,810円月額2,390円
5GB月額2,140円月額2,720円
7GB月額2,700円月額3,280円
10GB月額2,940円月額3,520円

音声通話SIM、3GBで2,390円とまずまずの価格となっています。

LINE Musicを利用される方は、LINE Musicを使っても通信量が減らないため、MUSIC+プランを使うべきでしょう。

MUSIC+プランの詳細は、「MUSIC+|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM」をご覧ください。

【観点10】決済方法  (評価: 9点)

LINEモバイルの決済方法は以下の通りです。LINE Payカード、LINE Payに対応しているところが特徴的ですよ

支払い方法対応している?
クレジットカード払い
クレジットカード(デビットカード)払い
クレジットカード(プリペイド型)払い△ (LINE Payカードがプリペイド型カードであるため、△とした)
口座振替△(LINE Pay経由で可能)
LINE Payカード払い

LINE Pay払い

(参考: 支払方法は?請求日は?LINEモバイルの決済について : LINE MOBILE 公式ブログ)

クレジットカードを発行できない事情のある方でも大丈夫!

LINE Payに銀行口座を紐付けて使えば、実質口座振替を利用できるんです!

LINEアプリから発行できる、プリペイド式のクレジットカード、「LINE Payカード」でも支払うことができますよ!

LINE Pay払い、LINE Payカード払いの詳細は、以下の公式サイトからどうぞ。

LINE Payカード払い

LINE Pay払い

評価のほうは、クレジットカード払い(+5点)、デビットカード払い(LINE Payカード払い) +1点、口座振替(+3点)に対応しているため、観点10は9点となります。

LINEモバイルの評価は91点/100点満点中

LINEモバイルのメリット、デメリットを以下に示します。

LINEモバイルのメリット

【観点1】MNP移行手数料 (評価: 10点)

利用開始日を含む月を1ヶ月目に解約しても、MNP移転に関する諸費用は4,000円と超良心的
【観点2】利用期間の縛り (評価: 5点)利用期間に縛りはあるが、解約手数料は1,000円と激安
【観点3】エンタメフリープラン (評価: 10点)

プランにエンタメフリーが付属している!

プランは以下の3つ

  • SNS使い放題の人気プランの「コミュニケーションフリー」では、月額1,110円~、LINE, Twitter, Facebook Instagram がデータフリー
  • LINEがデータフリー、月額500円~の「LINEフリー」
  • コミュニケーションフリーにLINE Musicもデータフリー、月額1,810円~の「MUSIC+」
【観点4】カケホ(家族同士) (評価: 8点)-
【観点5】カケホ(家族同士以外) (評価: 10点)月額880円で10分電話かけ放題
【観点6】通信速度(通勤ラッシュ時) Web読み込み速度 (評価: 10点)

SoftBank回線は2.5秒と爆速

DoCoMo回線でも3.3秒と問題なし

【観点7】通信速度(お昼休み)Web読み込み速度 (評価: 9点)

SoftBank回線は4.5秒と問題なし

【観点8】通信速度(帰宅ラッシュ時) Web読み込み速度 (評価: 10点)

SoftBank回線は2.5秒と爆速

DoCoMo回線でも3.6秒と問題なし

【観点9】月額料金 (評価: 10点)

コミュニケーションフリープラン(LINE、Facebook、Twitter、Instagramを使っても通信量が減らない)の音声通話SIMの月額料金は3GBで月額1,690円と激安。

他社だとエンタメフリープランが付属していないプランでだいたい1,600円なのでとにかく安い

【観点10】決済方法  (評価: 9点)クレカ払いはもちろん、デビットカード払い、LINE Payカード(プリペイド型クレカ)払い、口座振替にも対応

 

LINEモバイルのデメリット

【観点1】MNP移行手数料 (評価: 10点)

-
【観点2】利用期間の縛り (評価: 5点)利用期間に縛りはあるが、解約手数料は1,000円と激安
【観点3】エンタメフリープラン (評価: 10点)-
【観点4】カケホ(家族同士) (評価: 8点)家族間カケホはない
【観点5】カケホ(家族同士以外) (評価: 10点)-
【観点6】通信速度(通勤ラッシュ時) Web読み込み速度 (評価: 10点)-
【観点7】通信速度(お昼休み)Web読み込み速度 (評価: 9点)DoCoMo回線は5.6秒ですので、Webの閲覧は厳しい
【観点8】通信速度(帰宅ラッシュ時) Web読み込み速度 (評価: 10点)-
【観点9】月額料金 (評価: 10点)-
【観点10】決済方法  (評価: 9点)-

 

プランにエンタメフリーが付属しているのに月額1,600円台と激安!

契約期間に縛りはあるものの、違約金が1,000円と激安!

お昼は通信速度が落ちますのでそこは目をつぶるか、お昼ぐらいは目をやすめましょう。

 

激安というより鬼安のLINEモバイルの契約は以下のバナーからどうぞ! ▲格安SIMナビは、広告の報酬によって運営しています。上記広告からLINEモバイルをご契約していただくと、格安SIMナビに報酬が手に入りますので、ご契約される方は、上記バナーをクリック(タップ)してご契約ください。  

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Mr.T

Mr.T@節約・時短の伝道師

自身もお金がなく苦しんだ経験を元に、お金に困らない世の中にすることを勝手に決意。節約と時短の伝道師と勝手に名乗っている。 大手キャリアからmineoとIIJmioに乗り換えて、かれこれ4年。 浮いたお金で、毎年海外旅行へ行ってます。 ■経歴 国立大学大学院卒⇨大手企業 のソフトウェアエンジニア 兼 個人事業主 ■成果 大学院: 受賞3本など (うち1件は、300人に1人しか取れない賞を取る) 会社員: 昇給考課にて、100人に1人しか取れない評価をゲット 個人事業: 2018年度: 数千万円の純利益を達成

-LINEモバイル

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 格安SIMナビ , 2019 All Rights Reserved.