データ量ごとの格安SIM

2GB - データ量ごとの格安SIM

2GBプランは1GBプランと同様に提供している格安SIM事業者はほとんどいません。

主要事業社の中でも楽天のみが提供しています。2GBプランにするなら楽天はオススメになります。

2GBのデータ量は誰に適しているのか

2GBを使用している人は、自宅でWi-Fiを活用しているか、動画再生などデータ通信をよく消費する使い方をしていないと考えています。一般的な使いたをする人は3GBを使うため、2GBの人は少し控えめにデータ通信を行うことがになります。こう言ったユーザは過去のショップ経験では、多忙やサラリーマンとシルバーに多いです。とは言っても迷ったら、3GBを選んでおくと問題ないでしょう。またより確実に自分の会うプランを選びたい方は現在、データ通信量を事前に調べると良いです。こちらの記事を参考にしてください。乗り換える前に大手電話会社での通信・通話量を調べましょう | 格安SIMナビ

2GBのデータ量ごとの格安を選ぶ際の注意点

注意点としては、3GBおよび1GBのデータ通信量と同様に2点です。通信速度と月額使用料がもっとも重要なポイントになると考えています。

通信速度

2GBは比較的に低いため、負担から超過しない人でも何らかのイベントで超えてしまう時があります。そのため、速度については2段階で考える必要があります。①2GBを超過していない時の通信速度、②2GBを超過後の通信速度です。

2GBを超過していない時の速度は、格安SIM事業者の実力が示しめています。この指標でいかに快適に安定的通信ができるかが評価できます。2GBを超過した場合については事業の条件によって決まります。例えば、A事業者は2GBを超過後、速度は150Mbpsから60kbpsまで落ちるのに対して、B事業者は最低でも1Mbpsを提供することです。

つまり、2GB超過前後でも比較的安定した高速通信を提供できる事業者が良いです。

月額使用料

格安SIMを選んでいただいているお客様のなかにコストダウンを重視される人が多いと考えています。

同じ通信速度なら当然最安が一番望ましいことになります。

オススメのSIM

いろんなSIMを見てきた中で、一番をオススメしたいのは楽天モバイルが提供しているドコモ回線向けの2GBプランです。理由は3つあります。

1)楽天は唯一主要格安SIM事業者の中で2GBを提供しています。他の主要事業者(Mineo、IIJmio、ビックローブ、OCNモバイル)は2GBプランを未提供です。主要事業者は多くのお客様の信用されているからこそ主要になっているため、楽天を選ぶなら大きな失敗はしないだろう。

2)2GB超過後の速度が1Mbpsであり、通常のドコモ、auやソフトバンクの速度制限が124kpbsであると考えていると実5倍早いであることがいえます。

3)月額使用料も安い。最初の2年間の月額使用料が約1500円です。

注意いただきたいところとして、100追加で3GBが使えます。また、他主要会社は3GBを提供しているため競争の原理を働かせるメリットがあります。そのため3GBを検討しても良いと考えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-データ量ごとの格安SIM

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 格安SIMナビ , 2019 All Rights Reserved.